10月勉強会開催しました~

山井ダイスケです。
 
10月の勉強会終わりました~
 
リアルの開催はやはり最高です(´∀`)
 
 
 

以下のイベントを現在受付中です。

2021/1/16 (土) 10:00~21:00 情報交換会&懇親会 in東京

参加者の半数以上は専業大家ですので、本気で不動産投資をやられている方、是非情報交換しましょう。

抽選申込みは年内に受付開始予定。

 


 
 
今回も内容盛り沢山でした、業者成りしている人もどんどん増えてきましたね。
 
 
 
 
回を重ねるごとにお互いに自身のビジネスに還元できているようで嬉しい限りです。
 
総勢12名の方に文字通り朝から晩までノンストップの勉強会。
 
一人30分、発表時間を取っているため昼食時間もありません。各自自由に休憩をとりつつ、エンドレスに発表が進みました。
 
年々レベルがマニアックになってきているので、発表する側もネタ集めに必死です。
 
今回の内容、一部抜粋すると…
 
かぼちゃもどき買いました~
入居者DIY型賃貸手伝い3桁来ました~
コロナ? ドミ2段ベッドから3段ベッドに変更や~
建売業者から直仕入うま~ P転貸うま~
保育園一括貸新築 公売巨大団地再生
ぷんさま物語…etc
 
特に印象に残ったのは、改めて不動産は仕入と仕上げが最重要であると再認識したのと、
 
面白いとこではSNSが広まり続け、入居者がインフルエンサーなんてのも当たり前の時代になってきたので、よりソフトの面が求められてくるのかなと感じました。
 
そしていつも通り、ほとんどの発表内容が他のセミナーや書籍には無いもので、案の定、、、一部でプスプスと煙が立っておりました。
 
 
 
 
一定の知識が無いと経験者でもジャンル違いは理解するのは難しいですし、初心者の方にはかなり重たい内容だったかと思います。
もしかしたら大家を目指すことが嫌になってしまった人もいるかもしれません。
 
でも一つ覚えておいてほしいのは、現時点での経験の差は全く重要ではないです。現時点の家賃年収や資産規模の差も全く関係ありません。そもそも始めた年齢も違う、環境も違う、歩んできた人生も違います。人生は点数をつけるテストじゃありませんし、他人と比べたからなんなのでしょう?一番大事なのはこれからどう行動して、何を叶えるのか?それだけでしょ?ネェナンノタメニキタノヨ?
 
最近は会が終わった後に毎度のこと、初心者の方には厳しくしている気がしますが、どういう人たちと競争しているのか実感してほしいし、願わくばそこで踏ん張ってほしいんですよね。
 
私が勉強会を初心者向けにしないのは、実際に買っている人の思考回路や行動力、アイデアやチャレンジなど、本気で大家やっている人たちの行動力や実体験を感じてほしいんです。こういう時にマインドブロック外せるかどうか~とかいうのを言い訳にする人がいますが、マインドブロックはあくまでスタートを切る際の精神的なものであって、最初の一歩以外はあまり関係ないと思ってます。所詮仕事は仕事。努力できるやつは上手いし、そうじゃないやつは下手です。私がこの人成功するなぁ~と思う人の特徴を挙げるならば、①細かい部分も徹底する人、分析できる人②客観的に自分を評価できる人③とにかく行動力がある人 に当てはまる人が多い気がします。最後は気合です、根性です。一つだけ会社員と違うとすれば、事業主は自身が最高責任者ですので、上司があなたを評価してくれるわけではありません。ですので、失敗か成功かは自分で判断しなければなりません。リアルでお会いした際に、「俺儲かってる」という雰囲気を出してるやつに限って全然儲かってないというのはまさにコレで自己アピールが激しい人には自身の投資を客観視できていない人が多く、良かれと恐る恐る確信をついたアドバイスするベテラン大家さんとよくまぁ喧嘩しているのを見かけ…
 
、、、書いてて嫌になってきたので、現場からは以上ですw
 
次回は2020/1/16(土)です!
 
年内には抽選などご案内をしますので、今しばらくお待ちくださいませ。
 

関連記事

  1. コロナへの対応

  2. ZOOMセミナー開催しました。

  3. 総会終わりました。。

  4. 物件バスツアー企画

  5. お久しぶりです!

  6. ひっそり勉強会

プロフィール

山井ダイスケ 家賃年収 2.6億 26棟218戸を所有 返済比率 28% 債務償還年数13年 年間稼働率 99% 震災直後に金融系IT企業を退職後、 不動産を引継ぎ専業大家となる。大家をやりつつ賃貸仲介業者に就職し、新築、中古、築古再生、シェアハウスなど、様々な不動産投資を経験。現在はスタッフ数名と共にホームステージング会社も経営する。年4回開催する専業大家向けの情報交換会の代表もやっております。Read more...

Twitter でフォロー