お久しぶりです。

山井ダイスケです。

 

大型シェアハウスもほぼ満室になり、確定申告も終わり、やっとブログに時間を割くことができました(=゚ω゚)ノ

仕事>プライベート>飲み会>ゴルフ>>>>>ブログ という優先順位なので、

なかなかブログを更新する気が起きませんでしたが、やっと暇な時間ができましたよ。

 

消息不明となっている裏では、40室以上あるシェアハウスの6割は自力で埋めてましたので、

1円にもならないブログなんて二の次です(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

 

 

消息不明になっていたということは、それだけ仕事は山積みだったということなので、

そこそこブログネタも貯まってきましたので、ボチボチ更新して、いい加減に旧HPを追い抜きます(´゚д゚`)

 

 

と言っているそばから、明日勉強会があります。

こんな糞忙しい時に上級者向けの勉強会なんて設定してしまったもんだから

資料作成がかなりカツカツのスケジュールになってしまいましたw

何故にこんなスケジュールにしてしまったのか

 

アウトプットを出すということは自身の振り返りにもなりますので、タイミングとしてはちょうど良かったのかもしれませんが、

もう夜なべするしかない( ゚Д゚)

 

 

 

さて、皆様は自身の投資についての発表資料や金融機関向けの事業計画書を作成したことがありますでしょうか?

事業計画書なんかを作る際には市況とかをチェックなどを行うのですが、久しぶりにシェアハウスの市況を調べているとこんなものが。

 

シェアハウスの市場規模と立地特性

 

三井トラスト系列のリサーチ会社が自力でシェアハウスレポートを出しておりました。

シェアハウスの実態調査ってなかなかどこのポータルも出してくれないので、

貴重な情報なんですが、内容みてみると結構面白い。

 

例えばシェアハウス個室数の分布図なんですが、かぼちゃ畑で有名な竹ノ塚が何と第1位

 

 

他には稼働率90%以上シェアハウスが大半を占めているなど、情報開示は少ないですが実態調査ために行ったんでしょうね。

結局トラストはシェアハウスはNGになりましたねw

 

 

 

不動産投資は長期投資ですので、市場のチェックは必須です。

(家賃相場、人口の転入出数、乗降人数、客付業者の強い弱いw)

不動産業者のヒヤリングとかもA社、B社、C社で言うことバラバラだったりして、誰も正解がわからない業界ですw

昔は統計情報なんて全然なかったので、SU〇MOとかHO〇E’Sとかからクロールしてたのが懐かしいです。

 

 

その他、市場チェックと言えば総務省なんですが、統計データなどを改めて読み漁っていると、

日本人女性の年収ってやはり滅茶苦茶低かったり。

シェアハウス利用の7割以上が女性なのですが、20代前半の手取り16~17万では東京ではボロアパートにしか住めましぇん( ゚Д゚)

これで晩婚化とか言ってるんだから、シェアハウスのような低価格帯の住まいの需要は無くならないですね。

 

 

有効求人倍率も地域格差が結構あります。

地方に投資するならこういう情報も見た方がいいでしょう。

富山、石川、岐阜、岡山、広島、東京に集中しております。

岐阜なんかも不動産投資したらもしかすると面白いのかもしれませんね。

 

 

 

 

そろそろ資料作成に戻るので、今回はこの辺で失礼します(=゚ω゚)ノ

 

LINE@の登録して頂ければ、勉強会などのアナウンスさせて頂きますので、もし宜しければどうぞ。

友だち追加

↑↑↑ブログでは書けない情報やイベント情報などを先行して配信しておりますので、よろしければ友達追加をどうぞ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です