山井ダイスケです。

ジモティーでホームステージングの荷物運びのお手伝いを募集したら、たくさん電話が鳴ってて困ってます。

短時間で稼ぎたい学生目当てでの募集だったんですが、30代、40代からの応募が殺到しており、

 

「日本、大丈夫か?」って思ってます( ;∀;)

 

だって単発の2時間5,000円のお仕事ですよ?

仕事の合間にお小遣い稼ぎしたい人が多いこと多いこと。。

 

 

今回は雇用についてのお話をしたいと思います。

人を雇用し始めてもうすぐ3年になりますが、やはり初めは大失敗しました(;´Д`)

大家業はアウトソーシング出来るからいいという方もいらっしゃいますが、雇用した方がハイレベルのサービスが提供できることは間違いないので、反論されても知りませんw

 

数年後、かなりの差が開いていることでしょう。

 

雇用することのメリットは、主に以下3点。

 

1.自分の時間が取れる

2.組織化され、マニュアル化され、サービスレベルが安定する

3.雇用主の自覚が芽生え、メンタルが引き締まるw

 

1については定着するまでの初めは大変なんですが、お任せできるようになるとホントに楽になります。

特に業務の大半がルーチンワークの大家業では、効果抜群です。

当たり前ですが、時間はお金で買えませんから自由な時間は大事にしたいですね。

 

2は人に教えていくと自然とこうなります。

短期間で知識ゼロの人に仕事をしてもらうには、仕事を明確にすることが必要です。

 

例えば、

物件概要とレントロールを作って~

って言っても知識ゼロの人には到底無理ですが、

 

このフォームの数字をこのサイトから調べて、空欄を埋めて~

と、どうやって仕事するのかを教えてあげれば、知識ゼロの人でも作業することが出来ます。

そうすると自然に仕事がマニュアル化され、レベルも安定していくというワケです。

 

 

3は専業大家独特の悩みだと思いますが、思い当たる節のある方も多いのでは?w

 

 

求人サイトに載せる

 

雇用するにはまず求人サイトにお仕事を掲載しなければなりません。

ジモティーやindeedなど無料のサイトもありますが、初めては一般的なアルバイト求人サイトを利用しました。

 

今もそうですが、当時もホームステージングの求人なんてほぼありませんでした。

そのため、求人サイトの営業さんもどれだけ反響があるのかわかりません。

最初はとにかく最初は間口を広げるために、

・未経験OK
・週3~
・主婦歓迎

なんて掲げて求人すると、1ヵ月に120人もの問い合わせが殺到しましたw
(普通は月20件で御の字ですw)

 

ホームステージング自体はマイナーな職種でしたが、インテリアの求人で未経験可、しかもアルバイトというのはほとんど存在しなかったんですね。

 

求人数を増やすコツとしては、

1.見出し(あなたのセンスを活かせます♪インテリアコーディネート)
2.条件を広げる(未経験OK、週1回4時間~など)
3.刺さるワード(子供の病気の時は早退OK、雑誌掲載有り、ポートフォリオに使える)

 

特に1は重要です。

 

求人サイトで一番最初に目につくところなので当たりまえなのですが、ホームステージングと記載するのとインテリアコーディネートと記載するのでは反響に天と地の差がありました( ;∀;)

応募者は情報量が多すぎる中、見出しを見る時間なんてほんの一瞬ですので、なるべく知っているワードを使い、詳細PVに持っていくのは必須ですね。

 

掲載サイトを増やすということも当然に効果がありますが、1サイト月50,000円ほどかかりますので、パートを1人雇う場合には費用対効果が悪すぎるので、おススメしません。いくつかの求人サイトをずーっと監視している熱心な方もいますので、有料サイト1つ、ジモティー、indeedで十分です。

 

面接をする

 

求人サイトで反響が出た後は面接です。

私は人事の経験なんてありませんでしたから、とにかく経験値が足りません。

条件上明らかに雇用できない人以外はなるべく面接をするようにしました。

フリーター、インテリアコーディネーター、ハウスメーカー勤務、建築関係の学生、フリーランス、風俗嬢など、1ヵ月ほぼ毎日面接してましたねw

 

面接ではよくある質問ですが、以下のような質問を繰り返しました。

 

「どうしてこの求人に応募したのか?」

「どうして転職を希望しているのか?」

「今の仕事にどういう不満があるのか?」

「これからどうしたいのか?」

 

様々な人に会い、その人がどういう経緯でこの場にいるのか、話を重ねました。

色んな人の話を聞いてみると、自分がどういう立ち位置にいるかも見えてきました。

面接の詳細については次回に書いてみたいと思います。

 

 

面接も一巡して、こんなに悩み抱えている人が多いインテリア業界=ブラックなんじゃね?とも思いつつ、とりあえず一人雇用すること決断。

最終的に採用時に重視したことは、

「その人がどんな経験を積んできていて、どんなことが出来るのか?」

という視点で職歴重視し、元リペア屋さんの女性を採用することにしました。

 

リペア屋なら、DIYも出来てやれること多いし、赤字にはならんやろ~なんてこと考えての採用ですw

そしてこの採用方法が後に失敗を呼びます(;´・ω・)

 

 

LINE@の登録して頂ければ、勉強会などのアナウンスさせて頂きますので、もし宜しければどうぞ。

友だち追加

↑↑↑ブログでは書けない情報やイベント情報などを先行して配信しておりますので、よろしければ友達追加をどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です